banner

ウォーターサーバー基礎編

ウォーターサーバーは家庭用が多く普及していますが、今回は、これから設置を考えている医療機関、会社、そしてご家庭の為に、その基礎知識をご紹介したいと思います。
ウォーターサーバーは一般的に、本体のサーバー部分に、ウォータータンクと呼ばれる水が入った部分を取り付けて使用します。タンクは、ポリカーボネイト(以下、ポリカ)と呼ばれる軽くて強度のある素材のものと、ポリエチレンなどの柔らかい素材の物があります。ポリカ製のタンクは回収され、ポリエチレン製のものは使い捨てのものが一般的です。そポリカ製のものは設置し易いのですが、保管場所を確保しなくてはいけません。ポリエチレン製のものは、使えば小さくなって捨てるだけですが、タンク自体が柔らかいので、設置がポリカ製の物に比べると少々しにくいです。どちらもメリット、デメリットがありますので、自分の生活スタイルなどに応じてどちらにするか決めると良いでしょう。
個人的には、やはりポリカ製の方が、若干安心感があるように思いますが、あとは場所の問題ですね。水の種類は、最低限の不純物だけろ過された天然水と、出来る限り水以外の不純物は徹底して取り除いた、純粋な水(RO水)とがあります。安全面から見ると、勿論どちらも十分綺麗にろ過されています。あとはお好みによると思います。

Copyright(c) 便利!ウォーターサーバー。カバも納得!. All Rights Reserved.